校長挨拶

 

滋賀盲のHPへようこそ!

滋賀県立盲学校
 校長 日根野 克史

 

 滋賀県立盲学校のホームページにアクセスしていただき、ありがとうございます。

 本校は、日本列島の中央部に位置する日本一大きな湖である琵琶湖の東部、彦根市の閑静な住宅街にあります。校門を一歩入ると、本校の前身である「彦根訓盲院」の創立者で初代校長の山本清一郎先生と、たい夫人の像が、来校者を温かく出迎えてくれます。校舎からは、北に国宝彦根城や秀峰伊吹山を、そして西には、対岸に比良山を臨むことができ、琵琶湖周辺の四季折々の素晴らしい自然が間近に楽しめる位置にあります。

 歴史と伝統のある、滋賀県で唯一の視覚に障害を有する人たちのための学校です。校内の資料室には、視覚支援教育に関する数々の貴重な資料が保存され、その一部が展示されています。ヘレンケラーの来校や、国産初の盲導犬チャンピーなどの写真が目を引きます。

 本校は、幼稚部・小学部・中学部・高等部の4学部と寄宿舎があり、視覚障害者の教育・自立支援をするうえで、大きな役割を担っています。

 高等部には、卒業すると高等学校と同等の卒業資格が取得できる普通科(高等学校の普通科に準じる課程)と保健理療科、そして高等学校卒業生を対象とした専攻科があり、専攻科には保健理療科と理療科があります。保健理療科・理療科では、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師の国家資格をめざしており、合格率は100%を維持しています。

 体育活動や文化活動にも活発に取り組み、体育活動では、近畿盲学校のフロアバレーボール、水泳、卓球の各大会に出場し、活躍しています。平成30年度は、水泳では浮具の部で個人準優勝、卓球個人の部で3位に入賞することができました。文化部の部活動には、パソコン部、音楽部、ものづくり部、理療部、自然愛好部、1・2組くら部があり、楽しみながら活動しています。また、美術展や書道展などにも積極的に出品しています。

 ぜひ一度本校を訪問して、見学・体験をしてみてください。きっと様々な発見があるはずです。